簡単にいうと2009年の4月から会計基準がかわります。

システムの完成時で売上とするか、各工程ごとの完成時に売上とするかです。

システム開発ジャーナル Vol.5
システム開発ジャーナル Vol.5

ソフト業界では前者(工事完成基準)がほとんどで、ひと山いくらで見積もるのが普通です。そもそも開発前に仕様が決まっていないのだから全体のボリュームは見えるわけがないです。だから大体こんなものかでアバウトに見積もるのでしょうね。

じゃあ工程毎に契約すればいいじゃないかというと慣習の壁があり、簡単にはいかない。ま、細かい事情は置いておいて今後は今まで以上の工程管理(厳密な進捗管理)と工数管理(確度の高い見積もりなど)が必要になるのは確実です。プロジェクトマネージャの立場の人は仕事が増えるのでしょうね。

関連リンク
 5分で絶対に分かる工事進行基準
 デスマーチがなくなる? IT業界に義務付け「工事進行基準」ってなんだ