TOPIXCORE30でダウの犬投資法を試してみる

ブログで紹介した本の投資法でスクリーニングして見ました(ダウの犬投資法)

dow0825e

条件
1)TOPIXCORE30銘柄
2)今日の終値(2008年8月25日)
3)配当利回りの計算は、ヤフーファイナンスで作成。
—core—-
2914.T 3382.T 4063.T 4502.T 4503.T 4901.T
5401.T 5411.T 6301.T 6501.T 6752.T 6758.T
7201.T 7203.T 7267.T 7751.T 7974.T 8031.T
8058.T 8306.T 8316.T 8411.T 8604.T 8766.T
8802.T 9020.T 9432.T 9433.T 9437.T 9501.T
—core—-
4)株価に関しては、1単元単位×株価でソート。

スクリーニング結果
(A)10銘柄
4502,4503,5411,7201,7203,
7267,7974,8031,8604,9437
(B)5銘柄
5411,7201,7267,8604,9437
(C)PPP
8604
同一金額ずつ購入ということは、資金的に試せるのは(C)だけか(泣)
※参考にする方はいないと思いますが、あくまでも自己責任で

PPPとは(補足)

PPPについて質問がありましたので追記します。
PPPとは、高利回りで2番目に株価が低い銘柄のことです。
ではなぜ2番目か?
私は1番目の方がいいではないかと思いましたが、
筆者いわく
経営難的なことが発生する際に1番目に該当するケースが多いようです。めったには起こらないが、そのケースを避けるための処置みたいです。

ダウの犬投資法―プロにも株価指数にも勝つための「単純」戦略 (ウィザードブックシリーズ)