やっぱり電話、でんわ、デンワ

いざシステムの開発が始まると遠方の開発メンバと電話連絡が頻繁におきる。
仕様書や資料を元にして作っているのだが、表現が曖昧だったり、
機能仕様のもれなどが見つかった場合には当事者に聞かないと作業が進まない。
急ぎの場合はメールなど使ってられない。当然、電話を掛けることになる。

電話代がもったいない、高い、安くしたい

機能仕様の話になるとやたら長くなってしまうし、異常系の方まで話しだすと止まらなくなる。
試験工程に入っても、システムの画面を操作しながら電話することも多いので長電話になる。
まあ、合うより移動時間や経費が掛からないのはいいけど、電話代が高くつきかなり痛い。
そんなこともあり、去年ぐらいからメンバ間の電話は某メッセンジャーソフトを通話品質や安定性に不満を持ちつつ使っていた。(通信費タダだし)

電話代が無料、タダ、0円

しばらくして友人の通信コンサルに勧められたのがSkype(スカイプ)である。
使ってみて感じたのは、固定電話通信会社は困るだろなあーってこと。
通話品質は比較的いいし、ファイヤーウォールの設定もほぼ不要だし。
もう半年ぐらい使ってるけど特に問題なし。
通信費が無料でここまでレベルが高いと電話代払うのばからしくなってくる。

Skype(スカイプ)