[書評] IT業界のための工事進行基準完全ガイド

また仕事が増える人も・・・

来年度からプロジェクトマネージャやプロジェクトリーダーの人には避けては通れないハードル(テーマ)がある。

IT業界のための『工事進行基準』完全ガイド 基礎と事例と18の特効薬

2009年4月からのIT業界への「工事進行基準」の適用だ。

もともと、この業界は要件定義も決まらない状態での契約が多い。例えばまず予算ありきでその範囲内でどうにかするとかアバウトな要件定義(思いつき)と納期だけ決まっていたりとか、ハード一式のなかにソフト開発がおまけで含まれていたりなど。

これからはそういった契約は一切できなくなる。契約やシステムから曖昧さが少なくなるのはバラ色の未来が来るように思えるがそうとも言えない。だって、ユーザから現場まで工事進行基準の内容について知っている人間はまずいない(試しに回りの人に聞いてみたらわかる。実際私も深くわかっていないw)

だから、なにをどうしたらいいのか分からない。今だって忙しいのに、まだやることが増えるのか。いい加減にしてくれと・・・
つまり恐怖だけ先にくるのが今の感覚ではないだろうか。この本では工事進行基準について抑えるべきポイントが分かりやすく書かれている。また簡単なユーザ事例も載っているので理解し易い。来年以降に関連本が多数出版されるとは思うが今出ている本の中では、この本が一番だ。

[購入メモ] マイクロソフトArcマウスの使用感

マウスは触ってみてから買ってね

マウスに関しては、マイクロソフトとロジクールの新製品がでると買っちゃいます。このArcには、他のマウスにはなかったデザインに惹かれました。
Microsoft Arc Mouse ブラック ZJA-00017

この手のとんがったものは店頭で触ってから買わないと痛い目にあうパターンが多いのです。しかし近くヨドバシカメラではモックなどがなかったので触らずに買ってしまいました。

Arcマウスの感想

では、感想です。

良い点
・すげー軽い。
・ワイヤレスの受信機が小さい。
 使わないときはマウス本体の裏にマグネットでくっつく。
・折りたたむと小さくなる。
 その際に電気も切れる。
・おしゃれ?
・ホイールがメタル
・携帯ケースの口がマグネットで便利

悪い点
・小指が落ち着かない。
・左サイドのボタンが親指で押せない位置にある。
 もっと後ろに持ってくるべき。
・とにかく落ち着かない。ストレス大。
・ホイールのスクロール感がカタカタとなる感じ。
 引っかからない方がいい(これは好みの問題)

総評するとモバイルなどの携帯性に向いている。

自分的にはいらないマウスだが、人によってはOKかも

だけど、自分的には痛い目にあった感じ。理由は、左サイドのボタンの位置に尽きる。その位置がアーチの頭頂部にあれば100%人に薦めるし。普段使いするマウスとなるのは確定。
おそらく店頭でモックを触っていたら、
絶対買っていなかったと断言できる。

※左サイドのボタンは、
 本体マウスを斜めにした状態にすれば
 親指で押すことは可能→でも効率が悪い。
 もしくは人差し指で押すことも考えたが
 ボタンの出っ張りが浅く押しずらい。

画像

DVC00001
[↑ハコ]

DVC00002
[↑裏:電池を入れるところ/下には受信器が収納可能]

DVC00003
[↑横:問題の左ボタン]

DVC00004
[↑エビのように小さくなるw]

DVC00005
[↑そんなにいらねーだろ!]