WindowsUpdateしたらVirtualBoxの仮想マシンが起動しなくなった

VirtualBoxの仮想マシン上で開発していた時に、ふとホストPC側のTortoiseGitをアップデートしようかと。

インストールしてホストPCを「更新して再起動」して、

VirtualBox から仮想マシンを起動したらエラーが発生して起動せず。なんじゃこりゃー。

整理すると、

  • Windows10 Pro でバージョンは1909
  • エラーメッセージは、Call to WHvSetupPartition failed: ERROR_SUCCESS (Last=0xc000000d/87) (VERR_NEM_VM_CREATE_FAILED).

ネット情報によると、「WindowsUpdateの際にHyper-Vが勝手に有効になる」まじかw。

それでは動かないので無効に変更してから、ホストPC再起動して、仮想マシン起動・・・。

あれ?起動せず・・・

さらに調べました。

https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/all/windows/5d8c563a-cec4-4fa5-8c95-79e5ba48bf79

ここの情報によると他のサービスがHyper-Vを使っている可能性があるらしい。

Hyper-Vの停止手順は、PowerShell起動して、コマンド実行するだけ。

1)「Windowsの機能の有効化または無効化」でHyper-Vはチェックオフ。

2)コマンドプロンプトからPowerShell起動

@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "Start-Process powershell.exe -Verb runas"

3)PowerShellからコマンド実行

Disable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Hyper-V-All

4)ホストPC再起動

無事、仮想マシンが起動しました。