[ビジネス] 人材マッチングシステムの検討

人材マッチング業界は人材不足

今人材のマッチングシステムを検討しています。

マッチングはシステム化するとなると厄介です。多種多様な要素をそれぞれに優先順位をつけて検索する必要があります。

例えば、スキル・エリア・顧客・学歴・職歴・プロジェクト・その他の希望条件・etc…..
また、ヒューマンスキルや性格も加味することも忘れてはいけません。
これについては可視化が難しいですが

なぜシステム化が必要かの話に戻します。
現在、人材派遣や人材商社の営業は優秀な人材が不足しています。

マッチング能力はシステムが補う方向へ

マッチング能力が低いため、
・マッチングに失敗しているのに面接を実施してNGになるケース
・人材側の希望と合わないまま現場に入れたのはいいけど、後から不満が爆発し問題になるケース
など多くの問題が見うけられます。

この問題が起きると、関わった人たちの貴重な時間を無駄にすることになります。また営業サイドとしては顧客を失うことにつながります。
つまりマッチングシステムを使うことにより、ノウハウのない新人レベルの営業でも即戦力になります。また、他業種から人材業へ進出する会社の立ち上げの手助けになるとも思います。
そんなわけで検討開始します。

人材派遣業者や紹介業者のよくある悩み

人材管理=在庫管理

すこしでも人材ビジネス(派遣とか紹介とか)に関わった人なら感じること。

それは、人材情報の管理が非効率なんです。→ 簡単に言うと人力

一般の商品には、在庫管理的なソフトやシステムがたくさん存在します。まさに業態や会社規模に合ったものを選ぶことが可能。
これを使って、効率の良い商品管理や運営ができますよね。

これが人材になると管理ソフトは本当に少ないし、使えるものがないなあ。大手派遣業者などは自社専用にで数億かけて作っているのだろうけど、それをパッケージソフトで売るわけないよね。(他社の効率が上がっても困るだろうし)

中小の現状は悲惨

まあ中小の現状は、悪い順で言うと
・担当者の記憶、もしくはメモ書き
・フォーマットがバラバラ、手書きなので読めない。
・フォーマットは統一されているが整理されていない。
・整理されていても50音順なので、別の条件での抽出は不可能。
・エクセルで表形式にしているが、人が増えたり、条件が増えると見づらい。
・人材管理ソフトを買ってみたが、入力が面倒で放置。
・別の人材管理ソフトを買ってみたが、自分の業界ルールに合っていないため放置。
※これは私の想像ということしておきます(笑)

ウチの社長はバケモノかっ

ところ変わって ウチの会社も同じです。

登録者が増え出すと正直管理できないレベルに達します。
だから昔に登録した人は自然にフェードアウトしていきます(オイ)
まめに連絡してくる方は例外ですからご心配なく。
これではいかんなあ。
うーん。なければ自分で作るしかないのかなあ。