在庫が無さ過ぎてiPad Pro 11 の整備済製品にした

コスパがいい「無印iPad9」か機動性の高い「iPad mini6」が欲しかったんですけどねw。それまで使っていたのは「無印iPad5」です。2017年発売モデルでストレージ128GB。キンドル使ってる時にページ送りにもっさり感はありましてややストレスフル。今回の購入理由は、処理性能アップと動画視聴を快適にしたかったためです。さきほど候補にあげたモデルは、昨今のコロナ需要の煽りをうけて、まったく在庫がないんですよね。中にはあるにはありますが転売ヤーから買いたくないです。なお、友人はmini6を発売日あたりにAppleStoreで普通に買ってました(自分もそうしていればよかった。痛恨のミスw)

整備済製品は箱が違うのである

代わりに在庫があるなかで選んだのはアップルの整備済製品(つまり中古みたいなもん)。1年の製品保証がつきますし、外装とバッテリーは交換済なので、普通に新品ですね。ただし、現行モデルは売ってなかったので、旧モデル製品ですね。iPadの整備済製品で在庫あったのは旧モデルの「ProとAir」だけ。予算の都合でセルラー版はスルー。取り回しの悪さから12インチはスルー。Wifi6対応と4スピーカーと処理性能の良さのバランスで「11インチiPad Pro Wi-fi 128GBモデル(第2世代)」にしました。現行モデルはM1チップ搭載の第3世代なので前モデルになります。他にもアクセサリー買う予定(Pencil2、SmartFolio、AppleCare+)なのでストレージ容量は256GBは諦めて128GBで妥協です。カバーだけで9800円とかアップル高いYO!

左がiPad Pro11 / 右がiPad 5

seiji-k
製品レビュー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です