自宅のネット回線を「フレッツ光クロス」にしました

引っ越先が部屋まで光ファイバー回線が引いてない物件でしたので、この際なのでフレッツの最速の回線にしてみました。(NUROは提供まで時間かかりそうなのでパス)。NTTの「フレッツ光クロス」にしました。2020年4月からスタートした新しいサービスですね。おおむね10Gbpsでるとのこと。提供エリアはまだ全国展開はしておらず、東日本管内ですと23区と一部の市だけです。対応プロバイダも少ないです。まだマンションタイプはなく戸建てオンリーです(21年3月時点)。現時点の主流なサービスは1Gbpsぐらいですので、無駄に速いです。なんで無駄に速いかというと、フレッツ回線から自宅のルーターまでが10Gbps。しかーし、そこから先は10Gbps対応機器を買わないとスピードがでません。なので今時点の限界速度は1Gbpsです(笑)まあ、わかっててこれにしたんですけどね。あと2年もすればLANアダプタとか有線ハブとか手頃になるでしょうし・・・

<申し込んだサービス内容>

  • フレッツ光クロス:回線サービス
  • ぷらら光:プロバイダサービス
  • フレッツテレビ:BSアンテナの設備がないアパートのため、TVも合わせて申込
  • 光クロス用Wifiルータ(XG-100NE):レンタル品。毎月支払い
  • 光加入者線終端装置(SCM-PDS形MK):NTT借用品。テレビ回線用
  • 光加入者線終端装置(10G-EPON<O>B ONU):NTT借用品。データ通信用
  • 回線引き込み工事一式

<流れ>

  • 10/01 NTTに申し込み
  • 10/25 引き込みNTT工事。1時間ぐらい。IP6のサイトは閲覧可能!
  • 10/26 ぷららのIPv4 over IPv6の対応完了。この日からまともに使えました!

<機器類>

写真の上段(左):クロスWIFIルーター
写真の上段(中と右): 光加入者線終端装置(SCM-PDS形MK)。後部にテレビ用の同軸があります
写真の下段(左): 光加入者線終端装置(10G-EPON<O>B ONU)・・・後述しますが初期不良のやつ。
写真の下段(右): 光加入者線終端装置(10G-EPON<M>B ONU)・・・交換後のやつ。

気になる回線速度は

工事担任者に聞いたら、テレワーク急増によるコロナ需要は収まったとのことで光工事の待ちは解消されたみたい。クロスの工事も割と多いらしくて、今後もユーザ増えそうね。んで気になる回線速度ですが、予想通り1G近い数字が出ました(おお!)下りも上りも大体900Mbpsですね。お金に余裕ができたら、1G越えのLANアダプタを買うぞ!

追記:故障の話

  • 10/29 突然、10G-EPON ONUの認証ランプが消えて、データ通信不可状態。NTTに故障連絡した。リモート診断の結果、訪問調査が決まった。
  • 10/30 NTT訪問調査。光加入者線終端装置(10G-EPON<O>B ONU)の初期不良との結論。交換修理して完了。新型に交換(10G-EPON<M>B ONU)

seiji-k
LogOther

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です