最近使ったGitホスティング、PHPマイクロフレームワーク、PaaSなどなど

最近、ツールを作った時に使ったサービスをご紹介。

Gitホスティング

WS000143
Gitのホスティングサービスは色々ありますが、
思わず感動したのが、→Bitbucketです。
プライベートリポジトリが作れるし、5ユーザまで無料ですよ!奥さん。
これを見て、Subversionサーバを立てていたIaaSクラウドを解約して、
全リポジトリをGitに乗せ換えたわ。ワハハ。

PHPマイクロフレームワーク

WS000145
要件が画面1・2枚の案件ってありますよね。
ベタでコードを書くのもありなんですが、
でも自分はフレームワークを使いたいわけです。

PHPマイクロフレームワーク界隈も結構増えてきており、
いろいろ探したところ、自分に合うのを発見!→Slim Frameworkです。とにかく構造が単純なのがいい。

PaaS

WS000144
自分の中でのPaaSの位置づけは、簡単なツールとかデモレベルの運用のものです。
本運用や重たい処理には向いていないと思ってます(価格も割高)

とは言え、レンタルサーバより自由度がありサーバ構築&運用をしなくて済むメリットは結構でかい。
ふと思いついたアイデアはすぐプログラミングしてすぐ動かしてみたいじゃないですか!
HerokuやZendやC4SAとかもいいのですが、
個人的にツボったのが、SQALE
ライトな感じがとってもいい。

Amazon Product Advertising APIを使うツール

昨今のせどりや副業ブームの影響からか、
アマゾンマーケットプレイスを舞台にした商売をしている方が増えているようです。

例としては
仕入:ヤフオク、販売:アマゾン
仕入:アマゾン、販売:ヤフオク
仕入:日本アマゾン、販売:アメリカアマゾン
仕入:海外アマゾン、販売:日本アマゾン
仕入:イーベイ・アリババ、販売:アマゾン
まあパターンはいろいろあります。

仕入や販売をする上で、商品のマーケティング調査は必要で、
アマゾンのサイトから検索して探したりするわけです。

人間なれてくると効率化(システム化)という話になります。
効率よく検索したい。
まとめて結果がしりたい。
CSVファイルで出力したい。
とある条件で抽出したいなどなど。

前置きが長くなりましたが、具体的にどうすんの?てな話で、
アマゾン先生は、ありがたいことにウェブAPIの
Amazon Product Advertising APIを用意してくれています。

私がこれを始めて使ったのはたぶん2005年ごろ。
無料求人サイト(http://jobcone.com/)を作った時に
キーワードと連動したアフィリエイト目的で導入して以来です。
その後、AWSのAPI仕様もかなり変わったようです。

今回、自分が欲しいツールでAPIが必要になり改めて情報収集しました。
細かい作り方は省略しますが、結構変わりましたよ。

んで出来たのがコチラ→価格調査ツール

最終的には、日米の価格差のある商材を抽出する便利ツールにしようかなと思っとります(笑)