沖縄から東京へ帰ってきました

沖縄から東京へ移住

東京への旅行とか出張ではないです。細かい経緯や詳細は割愛しますが、ガチで東京へ移住です。私の沖縄ライフはこれで終了です(遊んでいたわけではないw)

東京から沖縄に移住したのは2014年8月。そして2021年10月に戻ってきたので、まる7年間ほど暮らしていたことになります。最初は名護に6年、最後の1年は那覇でしたね。北部と南部の両方で生活できたので、ネットや報道では得られない沖縄の実情を知る機会を得ることができました。

東京から沖縄へ行った方や沖縄で知り合った方や現地採用の同僚の方などと仕事ができたことは、私の良い思い出です(飲み会も含むw)また機会があればご一緒できればと思います。

7年の仕事を簡単に振り返り

詳しくはここでは書きません。当たり障りのない書き方しています。
2014〜2015/H 26〜27
 東京で請けていた案件を引き続き開発してました。この時期は複数案件を同時進行でプロジェクトマネージメントしてました。ゲームのプラットフォーム開発、マニア向けのスマホアプリなど。WEBシステムとスマホネイティブアプリ。
2015/H 27
 基幹系システムのリプレースを1件。これもプロマネでした。WEBシステム。
2016〜2018/H 28〜30
 基幹系システムの開発を1件。要件定義から設計、DB設計、プログラミングまで担当。Windowsネイティブアプリのシステム。
2019〜2021/H 31〜R3
 自然言語処理関連のシステムの開発を複数件。要件定義から設計、DB設計、プログラミングまで担当。このころはAWS周りは一通り担当。WEBシステム。

沖縄に行ってスキルは上がったとは感じてますね。設計力は長年やっていたので変化はないですが、前半はパラレル案件のPM経験を積ませて頂きましたし、後半は課題であったインフラ周りの経験を積ませて頂けました。また、開発方法ではスクラムだったり、言語ではC#とnode.jsでの開発も楽しかったです。

引き続きよろしくお願いします

東京へ戻っても、今まで同様に設計や開発はしていきます。なにか案件などありましたらいつでもご相談ください。引き続きよろしくお願いいたします。
※ご連絡はメールよりもFacebookのMessagerやTwitterのDMなどでお願いいたします。

ここ1年ぐらいの開発環境

【やってること】
エンジニア(実装。インフラ。設計。見積もり計画。)。マネージメント

【勤務形態】
コロナ禍により激変。はじめのうちはオフィスワークとのハイブリッドだったが、感染拡大により、在宅にてフルリモート勤務になった(もう慣れた)

【開発言語、フレームワーク】
TypeScript, Nest.js, Node.js, PHP, Python

【インフラ・運用環境】
AWS, GCP

【インフラ・ローカル環境】
Docker , VirtualBox

【データベース】
MySQL, MongoDB

【ログ、監視】
Prometheus, Grafana , ElasticSearch

【OS・ローカル環境】
Windows10(他の人はMac使ってる。Windowsは私1人(笑))

【OS・運用環境】
Linux

【エディター】
VSC

【コマンドライン】
PowerShell

【SSHクライアント】
PuTTY

【プロジェクト管理/BTS】
Redmine

【ソースコード管理、ツール】
Github , TortoiseGit

【ドキュメント作成、設計書など】
GoogleApps

【開発スタイル】
Scrum

【コミュニケーション】
Slack, Meet

【スケジュール共有】
GoogleCalendar

【Todo管理】
ClickUp

【Python実行環境】
Google Colaboratory

以上。

MX Masterのマウスポインタが動かなくなったけど強引に直した

仕事でマウスを使って作業していたときにプチっと異音が・・・。マウスを動かしてもマウスポインタ(矢印のやつ)が動かない。なんじゃこりゃーと電池をチェックするも満タンだし、右クリックと左クリックは正常に動く。ロジクールのマウスアプリを再インストールしてもダメ。もしやハードかと思って別のPCに接続して試すと同じ現象が・・・。ついにマウスの寿命が尽きたかとあきらめた。

壊れたマウスは2016年3月に買ったロジクール MX2000 MX Master 【AA】。当然、保証期間切れ。マウスポインタの動作不良以外はすこぶる好調なだけに残念(購入価格12,690円)。

この時点でとりあえず、最新のMX Master3を発注した。沖縄に届くのはやたら時間かかるし。

ネットをググると同じ現象の方がチラホラ。どうやら原因は親指で押すボタンが押したままになってしまって、操作を受け付けなくなっているみたいだ。あれ?新しいマウスを買うのは早まったか(汗)

修理するには分解しないといけないw

工具:六角星型ドライバーが必要。サイズは小さめ(T5)。プラスドライバーも必要。

工具がそろったので分解を始める。

まずは、シールの裏にネジがあるので、シールを剥がす必要がある。このシールは一回剥がすときれいに貼り付け直すのは無理だと思う。

剥がすとネジが出てくるので、6箇所を外す。ネジ山を潰さないように注意して。

マウスの右側(小指側)から開いていく。少し浮かせたら、マイナスドライバーなどで慎重に開ける。強引に開けてはいけない。

開けるとこんな感じ。

原因は親指部分の経年劣化であった。押されると戻らない状態。こんな材質を使っちゃダメだろ? このため、このファンクションが押し続けられるため、マウスポインタが動かなくなっていた。なので、下から押し上げると治る。

めでたしめでたし!

追記)再発したw

原因をとっぱらった。

これで最終進化形になった模様。