零細のインボイス制度の準備メモ

2022/09/30

2023年10月1日からインボイス制度が始まります。消費税に関係する大きな制度変更です。来年の今頃にバタバタしないように準備はしたほうがいいですね。

インボイス制度とは

インボイス制度は、課税事業者であることを証明するためのもの。

インボイスの対象者

  • うちみたいな零細企業
  • フリーランス、個人事業主
  • あらゆる民間企業・・・全てです

対応しない場合のデメリット

  • 支払い者から消費税分を受け取ることができない
  • 支払い者から契約を打ち切られる可能性がある

対応スケジュール

  • 2023年3月末まで:適格請求書発行事業者の登録申請書を提出して番号取得する
  • 2023年10月以降:請求では、インボイスに対応した請求書フォーマットを使用する
  • 2023年10月以降:売上に関して、消費税の申告納付義務が生じる

以上となります。取り急ぎは番号の取得作業かと思います。粛々と進めて行きましょう。。


補足

補足として、インボイス導入する決断にあたって、考慮することを上げておきます。

  • 支払い者がCかBか?(=顧客が課税事業者か免税事業者か)
  • 売上が1000万円超か否か?(=自社が課税事業者か免税業者かどうか)
  • 消費税の選択は、本則課税か簡易課税制度か。
  • 免税事業者からの仕入れ控除の経過措置期間がある。
    • 2023年9月30日までは、100%控除可能。
    • 2023年10月から3年間は、80%控除可能(経過措置)
    • 2026年10月から3年間は、50%控除可能(経過措置)
    • 2029年10月からは、控除不可能。

参考

インボイス制度とは?(freee)

適格請求書発行事業者の登録申請書の簡単作成(マネーフォワード)

インボイス制度公表サイト(国税庁)