NovelAI (AIが画像を自動生成するサービス)を軽く動かした

2022/12/16

テキスト文字から画像を自動生成するAI(Stable Diffusion)が盛り上がってます。一度、HuggingFaceのオンラインデモで試してみてください。例えば、「長い青ひげ、長い白髪の1人のドワーフが刀を作っている」という画像を作りたいとします。この日本語をGoogle翻訳で英文に翻訳すると「One dwarf with long blue beard and long white hair is making a sword.」になります。これをさきほどのオンラインデモに入力して作成するとこんな画像が生成されます。

Stable Diffusion 2.1 Demoで自動生成

なんか思ってたのと違う・・・まあ、これはこれで面白いです。

さて、本題のNovelAI。こちらは有料のサブスクAIサービスです。もともとはテキスト文字から文章を自動作成する機能でしたが、テキスト文字から画像生成する機能が追加されました。画像生成の方が有名。画像生成モデルは、二次元イラストで学習しているとのことです(エンジンはStable Diffusionベースかどうかは謎)。実力を見るために、さきほどの文字で作成してみました。「注:文章生成は無料でもできますが、画像生成するには有料課金のプランに入る必要があります」

NovelAIで自動生成

お、なかなか狙った感じになっていますね。これは暫くはまりそうです(笑)


追記)プランに迷ったら

2022年12月15日時点の金額です。

プランの表(2022/12/15時点)
  • Paperプラン:無料版
  • Tabletプラン:月額10ドル(約1350円。1$135円換算)。毎月1000Anlas付与。★初心者はコレ
  • Scrollプラン:月額15ドル(約2025円)毎月1000Anlas付与。
  • Opusプラン:月額25ドル(約3375円)毎月10000Anlas付与。

無料版では、画像生成できません。画像生成をしたいのであれば、Tablet以上が必須です。では課金プランの違いは、付与されるサイト内通貨(Anlas)の付与数の違いとなります。機能を使うたびにAnlasを消費していきます。標準的な画像生成であれば5Anlas程度消費します(Paperなら毎月200枚は作れる計算)。画像生成する目的であればTabletとScrollの違いはないです。安いTabletをオススメします。また、Opusでは、標準的な画像生成は0Anlas消費なので無制限に画像生成できます。プロ?な方にはOpusをオススメします。Anlasを使い切った場合は、追加で課金することもできます。

追加課金の表(2022/12/15時点)

追記)画像生成画面の簡単な説明

画面遷移です。ログインしたら、ImageGenerationボタンを押すと画像生成画面に行きます。

画像生成画面のイメージ

基本的な操作は、プロンプトで文字を入力して、Generateボタンを押すと画像生成されます。サイト内には保存されないため、生成後は画像のダウンロードをお忘れなく!

追記)日本語文章生成を試してみる

ついでに、文章生成も試してみました。ログイン後、「Storyteller」をクリックすると文章作成画面が表示されます。使い方は、文章を入力後、Sendボタンを押すと文章が自動生成されて追記していきます。ここでは日本語を使いたいので、日本語モデルのGenjiに変更します(ここで変更しなくても日本語が入った文章で自動生成しようとすると日本語モデルに変更しますかと聞いてきます)。

早速、試してみます。異世界転生あるあるの文章を考えてみましたw 

東京のコンビニのアルバイトの中年男性の一郎は、
ある日、道路に飛び出した女の子を助けた替わりに、車にはねられて気を失った。
一郎が目を覚ますと日本の戦国時代に異世界転生していた。
異世界転生した先は、関東地方の豪族の伊勢家の長男(5歳)であった。名を新九郎と言う。

これを入力します(下の画像の黄色文字部分)。入力後に画面右下のSendボタンを押すと、文章が少しづつ追加されていきます(注:追加のたびに課金されたかは未確認)

文章自動生成

以下が、自動生成された文章です。

元の名前は伊勢新九郎という。
一郎は、その男の長男として生を受けたのだった。
つーか、これ、俺って異世界転生したの?
そして、一郎の前世の記憶が蘇り、
自分がどんなことをしたか思い出された。
俺は、幼くして織田信長や徳川家康の小姓となり、
織田信長に仕え、その側近として活躍することになる。
そんなことがあった後、戦国時代になってしまったらしく、
お市様の下で戦功を挙げたり、お市様が謀反を企てたときは、
それを阻止したりして、お市様を助けているうちに、
お市様をお慕いし、お市様に輿入れすることになってしまった。
俺は、このままお市様と結婚して、
子供を産んで子孫繁栄を目指すんだろうか。
いや、しかし、織田信長と徳川家康を助けたら、
幕府を作るのに必要だし、お市様を嫁にもらったら、
天下統一しちゃうしな。
でも、俺は、今からそれをするんだよな?
「ちょっと待ったぁぁぁ!!!!」
「何ですか、殿?」
注)文章の改行は改変しています。

まあ、それっぽい文章にはなっているかもw

外部リンク